アンセラのゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法とは精神科医、フレデリック・パールズによってはじめられたものです。実存主義の考え方です。心理療法のひとつです。

ゲシュタルトとは

ゲシュタルトとはドイツ語で「形」と言われる言葉です。

ゲシュタルト療法とは

自分の思うことを形として表現し、心と体の一致として全体的に考えていくというやり方です。

その人の全体的なことをみていき、本人がそれを気づいていくようにしていきます。

【今、ここ】に焦点をあてて、自分が「今、何を感じているか」、それは、「今ここで起きている」と認識します。

自分の感情や思いは、それは自分自身がつくっているもので、自分が責任をとらなければいけないのです。自分におきたことを人のせいにするのではなく、今、私がどのように反応しようと、それを感じているのは自分。

今、ここで、自分に何が起きているかを気づく。

(例) あの人が私を傷つけた→(ではなく)→私は悲しい

今の私の状態に気づくということをやっていきます。

ゲシュタルト療法を受けると

自分がこう思っていたのだと気づきます。

軽くなった、すっきりしたという方が多いです。

ヒプノセラピーは静のセラピーですが、ゲシュタルトは動のセラピーだと思っています。